中古別荘の購入と瑕疵担保責任

###Site Name###

新築の別荘であればそれなりの出費となりますが、バブル時代に建てられた地方の中古別荘であれば、現在ではかなり手頃な価格で購入できるようになっており、サラリーマン生活をしながら別荘ライフを楽しむということも夢ではありません。

しかし、こうした別荘を購入するにあたって覚えておきたいのが、瑕疵担保責任ということばです。

軽井沢の別荘の情報がいっぱい詰まったサイトです。

民法という法律では、注意して観察してもわからないような問題が後から見つかった場合であっても、一定の期間内であれば、買主が売主に対して損害賠償や修理などを請求できるという買主保護のための規定があり、これが瑕疵担保責任とよばれているものです。

民法の原則的な規定であれば、引き渡しを受けた後で1年間というのがその期間ですが、別荘を宅地建物取引業者からではなく、個人間で売買する場合には、売主の負担を避けてその分だけ価格を安くする目的で、瑕疵担保責任をいっさい問えない現況販売としていることが多くみられます。



こうした場合、当然ですが、後から雨漏りや柱の腐食などの、外見からはわからなかったような問題が発見された場合であっても、売主である相手にはその責任を問うことができなくなってしまいます。したがって、後からリフォームする手間などは買主が負担してでも価格を安くしたいのか、価格が高くても一定の保証がある建物を安心して購入したいのかといった、購入の際のスタンスにあわせて、慎重に検討したほうがよいでしょう。